身長が伸びる時期は?小学生・中学生・高校生・成人のいつでも伸びる?

身長が伸びる時期と言うのはある程度個人差があるといわれています。
一般的には成長期と呼ばれている小学生から中学生の頃に大きく伸びると言う人が多いです。

 

高校生から成人になる頃にはある程度身長が安定してくるので成長が止まると言う人も少なくありません。
そのため基本的に身長が伸びる時期が終わるのは高校生から成人する頃までと言われています。

 

それ以降は多少伸びたり縮んだりすることはあるのですが大きな変動はないと言われています。
日本人の平均的な身長が伸びる時期として言われているのが男性の場合は15歳前後、
女性の場合は13歳前後と言われています。

 

この時期は男女どちらの子供も大きく身長が変化することが多くなっています。
その反面男性は16歳前後、女性は14歳前後になると成長期のピークを終えてしまいます。

 

その後は身長がほとんど変化することがなくなるようです。
ただし完全に身長が伸びるタイミングが終わったと言うわけではありません。

 

第二次成長期後は急激には伸びないが成人しても身長が伸びる人もいる

最終的には男性は20歳・女性は17歳までは少しずつですが身長が伸びているということが統計で判明しています。
そのためなかなか身長が伸びないということで悩んでいる人でも少しずつ成長していると言う可能性があります。

 

成人してからでも身長が伸びる可能性があるというわけです。
ちなみに身長が伸びなくなるタイミングと言うのは目で見て判断することができるようになっています。

 

そのタイミングとして言われているのが第二次成長期とされています。
そのため男性の場合は体が男らしくなったり陰毛が生えたり声変わりをする時期で徐々に身長が伸びなくなってきます。

 

女性の場合は胸が膨らんだり陰毛が生えたり生理が始まることによって成長がほとんど止まってしまうということになります。
ただしこれらが始まってすぐに止まってしまうわけではありません。

 

第二次成長期を迎えてからおよそ1年から2年経過した辺りから身長が伸びなくなるようです。

 

キッズサプリ

>>キッズサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<