身長が伸びるために大切な成長ホルモン|分泌されている時間は夜

身長が伸びるためには欠かすことが出来ないホルモンが成長ホルモンです。
成長という名前がついているだけあり成長期に重要なホルモンです。

 

身長が伸びるために重要な骨端線に影響を与えます。
骨端線とは骨の先にある柔らかい軟骨のことで、この部分が成長ホルモンからの指令を受けて
どんどんと栄養素を取り込み増殖していくことで身長が伸びて行くのです。

 

しかしこの骨端線は男性の場合は18歳ごろ、女性の場合には16歳ごろになると固くなります。
そうすると骨が成長していくことが出来ません。

 

毎日決まった時間に睡眠をとり、特に寝て3時間は深く眠ることが重要

骨端線があるうちに成長ホルモンをしっかりと分泌させることで身長を伸ばすことが出来るようになるのです。
成長ホルモンが分泌されている時間は夜です。

 

睡眠を開始してから3時間の間に最も成長ホルモンが分泌されていると言われているのです。
夜の間に骨が成長するので成長痛が起き、ぎしぎし音がした、という経験がある高身長の人もいます。

 

これも睡眠中に分泌された成長ホルモンの働きが影響している可能性があります。
成長ホルモンは寝入りばなに多く分泌されていると言われ、寝ていなければ分泌されません。

 

また、毎日決まった時間に眠って決まった時間に起きるというのも大切なことです。
これらの時間が乱れてしまうと自律神経の働きや免疫力の低下が引き起こされる可能性があります。

 

身長を伸ばすためには規則正しい生活をしましょう

ホルモンの分泌量が乱れてしまい成長ホルモンも影響を受けて分泌量が乱れてしまいます。
毎日決まった時間に眠り、特に寝入りばなの3時間という時間を熟睡することで
身長が伸びる可能性が高くなると言えるのです。

 

また、朝も朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、自律神経の働きが整うのでホルモンの分泌量も整ってきます。
しっかりと睡眠をとったら、朝日を浴びることも併せて行うようにしてみましょう。

 

特に身長が伸びる時期である成長期は夜更かしをしてしまって寝不足になったり、睡眠が不規則になる人も少なくありません。
規則正しい生活をすることも身長が伸びるためには重要な要素なのです。

 

キッズサプリ

>>キッズサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<