筋トレで身長が伸びるのは成長ホルモンの効果

筋トレを行うと身長が伸びないと言われてきましたが、これは大きな間違いです。
おそらく、このようなことが言われた理由については過度の筋肉負担で成長が阻害されたことがあったのではないかと思われます。

 

現在では、身長が伸びるには筋トレが必要だとされています。
筋トレをすることによってヒト成長ホルモンというホルモンの分泌が活発になっていきます。

 

成長ホルモンとは、思春期に身長を伸ばす働きのあるホルモンですが、
どの年齢でも出ているホルモンで様々な役割があります。

  • 疲労の回復
  • 集中力の向上
  • 筋肉量の維持・増加
  • 脂肪分解
  • 骨を強くする
  • 免疫力を向上させる

このように体にとって重要な働きをしています。

 

筋肉トレーニングによって成長ホルモンが分泌される理由

筋肉に負担をかけてトレーニングすると筋肉繊維が壊されます。
それを修復するために体は成長ホルモンをたくさん分泌するようになります。
また、筋肉中に作られる乳酸も成長ホルモンの分泌をスムーズにする作用があります。

 

つまり筋肉トレーニングをすることによって成長するためのホルモンの分泌を促すことができるようになります。
しかし、成長ホルモンは年を重ねるごとにその分泌量が減っていきます。

 

大人になると子供の頃のように身長が伸びなくなるのはこのためです。
筋トレするポイントとしては、鍛える部分によってホルモンの分泌量に差が出てきます。

 

鍛える筋肉を選んで筋トレするとスムーズに分泌させることができる

鍛える場所を選ぶことによってよりスムーズに分泌を促すことができます。
分泌量は筋肉の体積に比例すると言われています。

 

そのため理論的には大きな筋肉を鍛えることによって、分泌量も増えていくと考えられています。
大きな筋肉としては、上半身では大胸筋と腹筋、広背筋を鍛えると良いとされています。

 

腕立て伏せやベンチプレスなどのトレーニングがオススメです。
下半身では、太ももが大きな筋肉になります。

 

スクワットやレッグカールで鍛えることができます。
また猫背などを避けて姿勢を正すことも重要です。

 

キッズサプリ

>>キッズサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<