身長が伸びるための寝方の工夫とは

身長を伸ばすうえで睡眠はとても重要な要素です。
少し前まではゴールデンタイムといわれる22時までに寝ることで成長ホルモンが多く分泌されるといわれていました。

 

しかし近年の研究結果によって成長ホルモンの分泌とゴールデンタイムはあまり関係がないことがわかりました。
ではどういった寝方だと身長が伸びるのにいいのでしょうか?

 

長時間寝るということに意識を置くのではなく、どれだけぐっすり眠れるのかということが重要になってくるでしょう。
質のいい睡眠をとるために推奨されているいくつかの方法があります。

 

身長が伸びるのに必要な質のいい睡眠の方法とは?

  • テレビやスマートフォンなどの画面を見ないようにする
  • LINEなどリアルタイム性のあるサービスの深夜使用を控える
  • 寝る1時間くらい前に入浴を済ませる
  • 運動は午前中や午後の早い時間に行う
  • 夕食やおやつは寝る2時間前までに摂る
  • 寝ること以外にベッドを使わない

 

また昼寝の際には30分以内に済ませるといいとされていています。
この理由としては昼寝をしすぎると脳が夜と朝を勘違いしてしまうということがいえるからです。

 

夜に寝ている最中は身長を伸ばすということだけでなく、頭の中の記憶の整理も行うことになっています。
記憶の定着や学習効果の効率化のためにも夜の睡眠が重要なのです。

 

成長するということは体だけではなく心や精神もともに発達していくということを意味しています。
現代の子供は習い事や学校などで忙しいかもしれませんが、だからこそ夜寝るということが重要になってくるのです。

 

もし子供の身長が伸びないということで悩んでいる人がいましたら、子供の寝方から改善するよう努力してみてはいかがでしょうか。

 

キッズサプリ

>>キッズサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<