子供の身長が伸びるのを妨げるのはストレス問題です

子供の身長が伸びなくなる原因はいくつかあります。
大きな原因の一つにストレスがあります。

 

実はこのことが子供の身長が伸びるのを妨げる大きな問題となっているのです。
子供がストレスを感じることで、本来であれば成長期に活発に分泌されるはずの「成長ホルモン」の分泌を妨げてしまうのです。

 

成長ホルモンは、子供が成長するのになくてはならないホルモンの一種です。
身体の栄養を使って身長も含めて子供から大人へと成長させていく働きをします。

 

ですので、成長ホルモンの分泌が少ない、あるいは分泌されない状態の場合、いくら栄養を摂っていても
いくら運動をしていても身長を伸ばすことができないのです。

 

また、ストレスは睡眠にも影響を与えます。
ストレスを強く感じていると睡眠障害になりやすく、睡眠不足を引き起こします。

 

成長ホルモンは睡眠時に活発に分泌されますので、睡眠が浅かったりあまり眠れなかったりすると、分泌されにくくなります。
また、きちんと睡眠を取れていないということ自体がストレスに感じる人も非常に多いため、悪循環に陥ってしまうことも多いのです。

 

子供がストレスを感じないように育ててあげるのが大切

しかし大人の場合もそうですが、ストレスを完全に取り去ることは非常に難しいことです。
例えば子供の偏食に対して「食べなさい」と強要するのは、子供にとって非常にストレスを感じることです。

 

あまり無理させずに食事自体を楽しいものに変えてしまうという工夫も効果的です。
あるいは、成長ホルモンの分泌を促してくれる成分である「アルギニン」の摂取も効果的でしょう。

 

食事やサプリメントでアルギニンを補うことが可能です。
最近では錠剤のサプリメントだけでなく、ドリンクタイプのものなど様々な商品が販売されています。

 

1番良いのは、子供がストレスを感じることなく、伸び伸びと育てる環境を整えてあげることです。
このことは、身長だけでなく、心も大きく大人へと成長するのに大きく影響するでしょう。

 

キッズサプリ

>>キッズサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<